Webページの読み込み3秒ルール!サイトに適正な画像データサイズとは

最終更新日

ページが重くなる原因の一つには写真や画像のデータが重くなっていることが考えられます

Webページの読み込み3秒ルール!

SEO的にはページの読み込みが遅いページは、その影響は1%未満だと言われ、

心配しなくても良いのでは?と思われがちです。

ただ、SEO的な優先度はそれほど高くなくても、表示速度は、

ウェブマーケティング全般で見ると、WEBサイトページを見るユーザーの行動を左右します。

Webページの読み込みにかかる時間が2秒までは直帰率は9%ほどだが、3秒を超えると一気に直帰率が増え、5秒になると38%まで増えている。ページの読み込み時間は2秒または3秒までに抑えることが、ユーザーをページにとどまらせる上で効果的と見られる。

https://news.mynavi.jp/article/20180122-573640/

 

ページが重くなる原因の一つに写真や画像のデータが重くなっていることが考えられます。

適正な画像データ

100KB

大きな写真でも

300KB

スマホからのアクセスも考えて、画像データはなるべく適切なサイズまで軽くすることを心がけたいものですが、Retinaディスプレイに対応時代に突入してしまいましたので、画像がボケたり滲んだりは避けたいところです。

3秒を超えると一気に直帰率が増え、5秒になると38%まで増えている

画質が低くても2倍サイズで作った方がきれいに見える

Photoshopで画像を作るさい、

  1. 「Web用に保存」で画像設定サイズの2倍px
  2.   jpg「低画質」

もしくは、

  1. 「Web用に保存」で画像設定サイズの2倍px
  2.   jpg「最高画質」画像圧縮サイトでファイルサイズをダイエット!

 


 

画質を劣化させずに画像を圧縮するオンラインサイト

画質を劣化させずに画像を圧縮するオンラインサイト

商用可無料写真画像サイト厳選MEMO

商用可無料写真画像サイト厳選MEMO

nosutaNst

シェアする