Java​Script基本:消費税 コンソールで確認する

Java​Script基本:消費税 コンソールで確認する

例)
100円の単価の商品を10個購入した時の場合

その1

100円の単価の商品

 

手順:2

 

手順:3

今回は、HTMLに何も入れてないので、ブラウザーは真っ白です。

右クリックして→検証→タブをコンソールにする
青い文字で結果がでます。

「1100」

 

 

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>消費税計算</title>
</head>
<body>
<script>
  //初期値
  var price=prompt('単価を19以上の半角数字で入力してください','');
  var piece=prompt('個数を1以上の半角数字で入力してください','');
  var taxRate=0.1;
  var total=0;
  var str='';
   //処理(命令)
   total = price * piece + price * piece * taxRate ;
  
  //処理(命令)
   var str ='単価「' +price+ '」円の商品を、「' +piece+'」個購入しました。消費税が「' +taxRate+'」の時の消費税合算後の支払金額は「'+total+'」円になります。';
  
  
  //出力
  console.log( total );
  
</script>
</body>
</html>
タイトルとURLをコピーしました